小生が始めてパソコンの前に座ったのは1994年だったろうか。家内の勧めでパソコンを買ったものの、電源を入れてもどうしてよいかわからず、ぼーっとスクリーンセーバーを眺めていたような覚えがある。21世紀の今、現代人にとってパソコンは携帯電話に並んで必需品ですね。みんなパソコンの持つ可能性に驚きながらも、なかなか自由に扱えません。「だれにだって一番最初の日がありますよ。最初からできる人なんていません。がんばって!!」